メイン

2006年11月08日

百ます計算の正しい活用法

久しぶりの投稿です。
非常にいい資料を入手したので、健忘録として書いておきたいと思います。

小学館『小学1年生』12月号付録に陰山英男先生の「百ます計算の正しい活用法」という記事がありました。「こんな間違いをしていませんか?」と8つの間違いが指摘されています。

1.1時間も連続してやっていませんか?
2.週に1回ぐらいしかやっていないか?
3.やりっ放しで記録もとらない?
4.2桁3桁でやっていませんか?
5.毎回違う問題でやっていませんか?
6.結果をほかの子と比べていませんか?
7.スランプなのに無理強いしていませんか?
8.子供の成長をほめていますか?

僕の場合、わかっていて出来ないのは「2」と「3」、知らずにいたのは「5」でした。

「2」は、仕事があるので・・・という当たり前の言い訳はおいておいて、性格的な問題ですね。子供の効果や性格的な影響を考えるとちゃんとしないといけませんね(苦笑)

あと、「3」ですが、伸び悩んでくると子供は記録をとられるのが嫌になってきます。それは、「5」の間違いを犯していたことと関連があるかもしれません。

常に新たな問題を解かなければならないため、慣れることができず、精神的なプレッシャーを感じているところに、数字の伸長を親から要求される。子供自身も本来の実力がだせず、もっと出来るはずなのにできない悔しさを自覚するだけでなく、自分の実力を示す数字を目の前に突きつけられてしまう。結果、表現力の乏しい子供は、記録を取られるのを嫌がるという行為でその嫌な状態にならないよう防衛する。その防衛を親が力ずくで突破しようとすると、百ます計算をやることを拒絶するとともに楽しくやっていた百ます計算が嫌いになってしまう・・・

と、ま〜 負のスパイラルに陥らないとも限りません。この8つの間違いを犯すことなく、楽しく百ます計算をさせてあげたいものです。

百ます計算は、足し算と引き算の「定着」のために、僕も娘にやらせています。でも、このすばらしい百ます計算にも抜けがあるんです・・・

それは、幼児に足し算、引き算を分かりやすく理解させるプロセスです。「定着」の前に教えてあげるべき内容ですね。

では、この「分かりやすく理解させるプロセス」をどうするか?

その答えは、こちらにあります!

2006年05月17日

ピグマリオン効果

ピグマリオン効果
【意味】期待することで相手もその期待に応えるようになることを指す


この言葉、ご存知の方も多いと思います。

ん!? 聞いたことあるような、ないような・・・
と思われた方のために、このエピソードを説明しようと思います。

エピソードを聞けば、思い出しますよ。きっと。

ーーーーーーーーーーー
ある教師に、「このAグループの生徒達は、潜在能力テストにおいて、抜群の成績を残した子ども達です。
また、残りの生徒達のグループ(B)は、特に際立った結果にはなりませんでした。」と伝えられました。実際は、そんなテストなど行われていなかったにも関わらず・・・

結果は、どうなったか?

Aグループの子ども達の成績は、Bグループの子ども達と比べて実際に伸びたそうです。
教師が、潜在能力が高いと信じ、そういう態度で接したからです。
ーーーーーーーーーーー

さて、このピグマリオン効果ですが、実験内容に不備があり実証されてはいないとの情報もありますが、参考になる点もあります。

子どもに勉強を教える際に、『この子はできる! できないはずはない!』と思って教えていますか?

僕も妻に指摘されて、「ハッ」としたことがあるのですが、感性が鋭い子どもは、それに気付いてしまうようです。
(ちなみに、僕の妻の感性は鋭すぎます!)

親が「わからないだろうな〜」と思いながら教えると、子どもは、「パパ(or ママ)が思っているように、分かるわけないじゃ」と感じながら、勉強をしてしまいます。

当然、成果は上がりません。


このピグマリオン効果を別の角度から見てみると、実証されていなかもしれませんが、科学的にもちょっとは解明できそうです。

それが、ノンバーバルコミュニケーションとの関連です。


言葉には出さなくても、表情や態度で思っていることは表されてしまいます。
ニコニコして顔であったり、ブッすっとした顔であったりなどです。

これをノンバーバル(非言語)コミュニケーションといいます。

「この子はできる!」と思って教える時と、「無理だろうな〜」と思って教える時、ノンバーバルは違ってきませんか?

具体的な教え方ではありませんが、子どもに勉強を教える基本中の基本なのかもしれません。


そうそう、小学1年生で習得する勉強を小学校入学前に効率的に教えてしまいたいなら、これ。 各々2週間で覚えることができます。

「ひらがな/カタカナ/足し算/引き算/漢字を
どんな親でも幼稚園児に、
2週間以内でマスターさせることができる
科学的根拠に基づく確実な方法」

2006年05月16日

幼児に勉強を教えるポイント

はじめまして、尾崎翔太と申します。
ちょっと幼児教育にはうるさい、小学1年生の娘を持つ父親です。

学生時代は、幼児教育のパイオニア、伸芽会で講師のアルバイトをしていました
(詳しいプロフィールは、こちらをご覧下さい)。


このブログでは、

娘が成長し、学んでいく過程で、
ちょっとだけ教育に知識のある父が
効率的な勉強を教えてあげられないかを考え、
実施している内容を説明していきたいと思っています。


その第一弾として実施したのが、ブログタイトルにもある
「2週間で、ひらがな/カタカナ/足し算/引き算/漢字を
教えてしまったこと」です。

やり方などは、是非、レポートを見ていただきたいと思うのですが、
そのやり方を見出す過程で、気付いたことなどをここで説明できたらと
思います。

是非、ご期待ください。