« 毎日朝食をとる子供は、ペーパーテストの得点が高い!? | メイン | よく寝る子は成績がいい »

小学校入学前のひらがなの理解度

健忘録的にこのサイトでは、僕が見つけたデータを載せていたので、それを復活したいと思います。

今回は、『小学校入学前のひらがなの理解度』です。

以前にも違うデータを取り上げましたが、今回は小学館の『入学準備小学一年生』の調査なので、全国区に渡る調査データだと思われます。


ひらがなの理解度(%)
・全部読み書きができる 52.5
・全部読めるが書けない字がある 37.0
・だいたい読めるがあまりよく書けない 7.8
・自分の名前程度は読み書きできる 1.9
・全く読み書きできない 0.3
・不明/無回答 0.5
Source:小学館『入学準備小学1年生』2005年1月


このデータから小学校入学前までにほとんどの子供が読むことができるようになっていることが分かります。

まー、そんなものなのでしょうか。娘の話を聞いていてもそんな感じです。ただ、調査データがないのでなんとも言えませんが、カタカナになるとこの結果は極端に落ちる気がします。娘が友達からもらった手紙を見ても、まだカタカナで書くべきところが ひらがな で書かれていたりするからです。

ひらがなもカタカナも、結局は丸暗記なので、早い時期から覚えてしまっていた方が後々楽になります。どうせなら、まとめて覚えさせてしまいたいものです。

効率的に覚える方法は、是非、僕のレポートを参考にして下さい。
各々2週間で覚えることができます。

「ひらがな/カタカナ/足し算/引き算/漢字を
どんな親でも幼稚園児に、
2週間以内でマスターさせることができる
科学的根拠に基づく確実な方法」

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://obenkyo.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/6

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)