« ピグマリオン効果 | メイン | 小学校入学前のひらがなの理解度 »

毎日朝食をとる子供は、ペーパーテストの得点が高い!?

国立教育政策研究所が実施した「平成15年度小・中学校教育課程実施状況調査」(調査対象:小学生 約21万1千人)によると、毎日朝食をとる子供ほど、ペーパーテストの得点が高い傾向にあるようです。

実際のデータでは、小学5年生の国語で、次のような結果になったようです。
必ずとる         509点
大抵とる         479点
とらないことが多い   453点
全く、ほとんどとらない 439点


朝食をとるのが当たり前だった僕達が小学生の時代と違い、今は食事を摂らない子供が多いのでしょうか?

大人についても言えることですが、朝食を摂る、摂らないという、些細に思えることでも、パフォーマンスに影響を与えるということのようです。


そうそう、小学1年生で習得する勉強を小学校入学前に効率的に教えてしまいたいなら、これ。 各々2週間で覚えることができます。

「ひらがな/カタカナ/足し算/引き算/漢字を
どんな親でも幼稚園児に、
2週間以内でマスターさせることができる
科学的根拠に基づく確実な方法」

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://obenkyo.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/4

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)