« 幼児に勉強を教えるポイント | メイン | 毎日朝食をとる子供は、ペーパーテストの得点が高い!? »

ピグマリオン効果

ピグマリオン効果
【意味】期待することで相手もその期待に応えるようになることを指す


この言葉、ご存知の方も多いと思います。

ん!? 聞いたことあるような、ないような・・・
と思われた方のために、このエピソードを説明しようと思います。

エピソードを聞けば、思い出しますよ。きっと。

ーーーーーーーーーーー
ある教師に、「このAグループの生徒達は、潜在能力テストにおいて、抜群の成績を残した子ども達です。
また、残りの生徒達のグループ(B)は、特に際立った結果にはなりませんでした。」と伝えられました。実際は、そんなテストなど行われていなかったにも関わらず・・・

結果は、どうなったか?

Aグループの子ども達の成績は、Bグループの子ども達と比べて実際に伸びたそうです。
教師が、潜在能力が高いと信じ、そういう態度で接したからです。
ーーーーーーーーーーー

さて、このピグマリオン効果ですが、実験内容に不備があり実証されてはいないとの情報もありますが、参考になる点もあります。

子どもに勉強を教える際に、『この子はできる! できないはずはない!』と思って教えていますか?

僕も妻に指摘されて、「ハッ」としたことがあるのですが、感性が鋭い子どもは、それに気付いてしまうようです。
(ちなみに、僕の妻の感性は鋭すぎます!)

親が「わからないだろうな〜」と思いながら教えると、子どもは、「パパ(or ママ)が思っているように、分かるわけないじゃ」と感じながら、勉強をしてしまいます。

当然、成果は上がりません。


このピグマリオン効果を別の角度から見てみると、実証されていなかもしれませんが、科学的にもちょっとは解明できそうです。

それが、ノンバーバルコミュニケーションとの関連です。


言葉には出さなくても、表情や態度で思っていることは表されてしまいます。
ニコニコして顔であったり、ブッすっとした顔であったりなどです。

これをノンバーバル(非言語)コミュニケーションといいます。

「この子はできる!」と思って教える時と、「無理だろうな〜」と思って教える時、ノンバーバルは違ってきませんか?

具体的な教え方ではありませんが、子どもに勉強を教える基本中の基本なのかもしれません。


そうそう、小学1年生で習得する勉強を小学校入学前に効率的に教えてしまいたいなら、これ。 各々2週間で覚えることができます。

「ひらがな/カタカナ/足し算/引き算/漢字を
どんな親でも幼稚園児に、
2週間以内でマスターさせることができる
科学的根拠に基づく確実な方法」

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://obenkyo.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/2

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)